NEWS

ICT教育推進協議会 記者説明会を開催いたしました
 
 
「情報通信技術教育者合同会議2010」開催のお知らせ
 
 

私たちICT教育推進協議会(ICTEPC)は、ICT教育プログラムを支援するTraining Center Japan(TCJ)と共催で、情報通信技術教育者合同会議2010を開催することとなりました。ICT教育に携わる多くの方々のご参加をお待ちしております。






































名称 情報通信技術教育者合同会議2010(英文名ICT Educators Summit 2010)
会期 2010年8月18日(水)
※なお、8月17日から18日午前中まではTCJが別プログラムを開催します
会場 東京大学本郷キャンパス工学部 2号館 213講義室(1階) リンク 地図
(〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1)
主催 ICT教育推進協議会
共催 Training Center Japan
参加料 無料
参加申し込み ※参加申し込み受付は終了いたしました。
対象者 ICT教育に携わるすべての方々
参加人数 300名(予定)

































プログラム
情報通信技術教育者合同会議2010

14:45-15:15


基調講演1:


「人づくりの現場から」


講演者:木下稔雅氏(日本電子専門学校) 三田淳司氏(長崎総合科学大学)

モデレータ:江崎浩氏(ICT教育推進協議会会長/東京大学)


IT教育における課題を大学、および専門学校の観点から提示し、共通の課題とそうでないものを整理し、大学と専門学校間を含めた学校間での課題の共有を行う。更に、1校だけで解決できない課題について、産業界、資格関連団体への協力依頼、初等・中等教育への希望する内容を提示し、課題解決のために学外の団体との連携強化を考える場とする。

15:15-15:45


基調講演2:

「産業界から見た、これからのICT技術者への期待」
講演者:矢野薫氏(日本電気株式会社 代表取締役会長)

インターネットの普及拡大に伴い、ICT産業はクラウドコンピューティングやユビキタスネットワークを中心とする新たな時代に入った。情報通信技術は今後も、様々な経済活動を支えるうえで必要不可欠なインフラとして、重要な役割を期待されているが、その一方で、わが国のICT産業は厳しいグローバルな競争環境にさらされており、大きな転換点を迎えつつある。

日本が国際競争に勝ち抜いてゆくうえで、企業としてこれからのICT技術者に期待する資質について、幅広い視点から提言する。


16:00-17:30


パネルディスカッション:

「ICT教育Square」

モデレータ:吉田眞氏(ICT教育推進協議会運営委員/東京大学)

パネリスト:山下義人氏(ゾーホージャパン株式会社代表取締役社長) 三田淳司氏(長崎総合科学大学) 長部謙司氏(シスコシステムズ合同会社)


産業構造、社会問題、国際化対応など、ICT教育が取り巻くあらゆる問題について、会場の参加者と対話しながら、今後への課題とICTEPCの役割、提言などについて議論する。





学生向けプレセッション
13:00-14:00

「ボーダレスネットワーク時代が求める人材とキャリアパス」


講師:長部謙司氏(シスコシステムズ合同会社)


世界中で事業を展開している企業が、いまどのような人材を必要としているのか、シスコ システムズを例に紹介する。

また、シスコ システムズをはじめとする、ICT企業への就職を希望する学生向けに、学生の内に何を準備するべきなのか、また就職後にどのようにキャリアパスを構築してゆくことが可能なのかを紹介することで、学生による目標設定と就職活動を支援する。

※本件に係るお問合わせ先:

  情報通信技術教育者合同会議2010運営事務局(株式会社イーサイド内)

メールアドレス

情報通信技術者合同会議に展示をいただける企業様を募集いたしております
 
 


情報通信技術教育者合同会議2010出展のご案内

出展金額
105,000円(消費税込み)

特典

1. 会期中、会場内に設置する協賛用看板に貴社ロゴを掲載
2. 会期中、会場内にて展示スペースとして長机1脚(W1200xD600xH930)と展示ブース(W1200xH2100)1枚を設置
3. 来場者に貴社指定パンフレットを1部配布
4. 8月17日開催のICT教育者交流会に2名まで無料で参加

詳しくは情報通信技術教育者合同会議2010運営事務局(株式会社イーサイド内)までお願いいたします
メールアドレス

このページのTOPへ