ネットワーク構築体験記レポート

2011/12/14
日本工学院八王子専門学校 金井貴浩



 今ある自分の知識がどのくらいのレベルなのかという確認と、構築したネットワークを提供するという学生にはなかなか経験することのできない機会だったので、Internet Weekイベントのネットワーク構築チームに参加しようと思いました。


 構築の際、さまざまなトラブルに直面しました。初めて触る機器がとても多く、設定に戸惑うことが多くありました。そのなかで発生したトラブルに対してどう対処したほうがいいのか、ほかの対処法はないのかなど学校での勉強では遭遇することのないトラブルに遭うことで新たな技術の吸収になりました。そのなかでも一番大変だったのは事前に別の場所で設定した機器を現地に設置したとき、初めは動かないことが実際にあったことでした。また今回のネットワークではIPv6が使えるネットワーク設計でしたが、自分はIPv6に関する知識が浅かったので設定する中でいくつも不明な点が出てきました。ですが、ほかの構築メンバーやスタッフの方が丁寧に教えてくださったので解決することができました。


 構築後は今イベントのサポート業務、主に会場ネットワークに関する問い合わせに対する受付の業務を行いました。受付業務の空いた時間にはInternet Weekのセミナーに参加することができたので、さまざまなところを回りました。セミナーには多くの現役エンジニアがいました。セミナー自体、今の自分の知識では少し理解しにくい部分がありましたが、今どういった動向で技術が進んでいるのかの確認ができたという意味ではものすごくよかったです。


 今回、学生を含めたネットワーク構築メンバーは初の試みと聞きました。自分自身至らない点が多々ありましたが、ほかのスタッフの方からは「助かった」「ありがとう」などのお言葉をいただきました。自分にとってうれしい言葉でした。次回もこのようなイベントがあったら参加してみたいです。


▲このページのTOPへ